看護における「癒し」

病気で動けなくなり病院や自宅で療養している方、あるいは心の病で街から離れえた場所で療養を余儀なくされている方々には、心身ともに穏やかに生活を送ることが一番であり、そのお世話を専門の看護師さん達がされていることと思います。

病気やケガで動けないことで余計にストレスを貯め、人や物にあたったり大声を出したりと病気からくるストレスのはけ口はいろいろでしょう。そういった方々の苦痛を少しでも和らげる「癒しの看護」の研修を実施しているところもあります。

「癒しの看護」という研修は、看護教育の一環として実施されています。

患者さんが心身ともに穏やかに療養生活を送ることができるよう看護することが目的とされており、その中には相手を思いやり誠実な対応ができる看護師を育てることだとされています。

では「癒し」の教育を受けることにより何を期待されているでしょう。自らを掘り下げてみることにより自立性を育て、集団研修で同期と一緒に行動することにより連帯感が生まれ、たくさんの事を話し合い、学べるようプログラムされています。

現代は、ストレスの多い時代です。それを癒すグッズであったり場所などが評判となり、利用する人もずいぶん多くなりました。

以前は「マッサージ」や「温泉」であったのが、今ではフットマッサージや足湯、岩風呂などとさまざまな場所が増えてきました。また1人暮らしの方々やお年寄りの方々用には話しかければ相手をしてくれるぬいぐるみやロボットなども開発され、今や「癒し」はビジネスとしても有効になっています。